あおなじみ

日常生活。恨み節。性別捨てたい非国民。ネガティブ。

ソチ五輪記念品贈呈式のハグ事件について

タイムラインを見ていてどっちの意見にもモヤモヤするので、自分なりの意見を書いてみます。まず先に自分の立場を明確にしておきたいのですが「羽生さんが妙な批判をされてるのを見るのもしんどいし、変な擁護をされてるのを見るのもしんどい」という感じです。

正直、当時からこの贈呈式の雰囲気が苦手で、過去の嫌な思い出が蘇ってくるので、動画をきちんと見たくありませんでした……。今回改めて視聴してみて、やっぱり気持ち悪いな~全然和やかな雰囲気じゃないな~と感じました。

空気を読んで「和やかな場」みたいな雰囲気作りに貢献しようと道化役になっている羽生さんを見るのが、かなりしんどかったです。そしていま、動画のせいなのか胸焼けみたいになって、お腹を下しています…。

先に結論を書くと「圧倒的に聖子が悪いが、周囲の人が全く悪くないとは言い切れない」と、思います。そして、批判している人の大半は「羽生ファンとして」ではなく「自分を真央さんの立場に置き換えて動画を見ている」と思うんですね。

https://nettv.gov-online.go.jp/mobile/prg.php?p=9737

 

隙あらば自分語りで申し訳ないんですけど…中学生のとき、滅茶苦茶強いイジメのリーダーがいて(猿みたいな男子とゴリラみたいな女子が徒党を組んでいた…)、みんなリーダーに逆らえなくて、逆らって苛められたくないからターゲットの子を一緒になってからかったり、無視したりしてました。

先生も、ゴリラちゃんが優秀な子だったので、ゴリラちゃんのことを追求したりしませんでした。私は先生に直接助けを求めたんですけど「おまえがコミュ障なのが悪い」みたいな事を言われて終わりました。この場の雰囲気、なんかそれと似てるな~と思いました。というか、ほとんどそのままだなと。

私はそのノリに耐えられなくて、イジメの輪に入らずにいたら、そのうち自分がいじめられるようになったので、そこから不登校になったんですが…。私みたいな人の立場からすると、傍観者から「逆らえなかったんだよ!本当は無視したくなかったんだよ!」と言われても「でもあんた、無視してたじゃん?」としか言えないんですよね…本当に申し訳ないんだけど…。

 

話を戻します。

真央さんは少なくとも二度ハグを拒んでいるので、この場で真央さんの背中を押す雰囲気がなければ、安倍氏とは間違いなくハグしなかったでしょう。

別の場で同じシチュエーションのことが起きたら間違いなく問題になりますし、残念ながら周囲の人の態度は「いじめを見ているだけの人もいじめる側に加担している」…という状況と、同じになっちゃってるんですよね…。

 

なので、一番の被害者であろう真央さんの立場を考えると「周囲の人は全く悪くないです」と言い切るのは、何か違うんじゃないかなあと。しかしそう言ってしまうと「じゃあどうすればよかったんだ」となるし、こんな事を当時の状況を把握できない外野が言ったところでどうにもならないんですけど、後ろにいる大人達が何とかすべきだったんじゃないですかね…。

この件を「他の人は悪くないよね!全部聖子が悪いね!ハイ問題なし!」で終わりにしたら、ハラスメント防止にはならないとも思うんですね。だって大概のハラスメントって、みんながエライ人に逆らえないから起こる問題ですからね…どこかで誰かが流れを止めなきゃならなかったんです。

 

そして羽生さんなんですが……本件の羽生さんの行動の恐ろしさはですね……羽生さんて普段は女子の体を触ろうとしないじゃないですか。どんな場面だろうがツーショットで頑なに手を浮かせたり、物を持ったりする…なのに何故か、あの場ではオッサンとオバサンの機嫌を損なわないために頑張ってしまうわけですね。自分では触らないけど、オッサンに女子を触らせる流れを作ってしまう。そしてその様子を、周りの大人は誰も注意しない。

羽生さんて普段はね、その人の身体はその人のものっていう理解がある人だと思うんですよ。橋本さんみたいに自他境界が無くて、他人の体に平気で触ったり、ハラスメントめいたことを言う人ではない。

そんな羽生結弦という人物を豹変させてしまう、ホモソーシャルな空間、本気で怖いです。羽生結弦ですら、ホモソーシャルのノリには逆らえないんだなあと…。そういう点から見ると羽生さんもある意味被害者なんですが、真央さんの立場を考えると無邪気にそうも言えないというか…。

外野からの無責任なジャッジではありますが、少なくとも羽生さん含め周りの人もあの場での対応は「正解の行動」ではなかったですよね…。正解に近い行動がとれない状況だったとしても、道化にならざるをえなかったとしても、それは間違いだったんです。

だからこそ、この気持ち悪い場が終わった後に、真央さんへ何かしらフォローがあったと思いたいのですが…(あったとは思うけど…)と、そう思ってしまう自分がいます。

 

そしてこれは、単純に羽生さんを批判したいだけ、ただただ擁護したいだけという人にはわからない感覚かもしれませんが……今後この騒ぎが大ごとになって羽生さんがコメントを求められたとしても、羽生さんは「自分は悪くない」とか「誤解です」とか、おそらくそういうことは絶対に言わないタイプの方です。(書いといて何ですが、言ってるとこが想像できないw)

当時は未成年であっても、今はとっくに成人して五輪も二連覇しているわけですし、大人として選手を守る側にならなきゃいけない立場になってきていますからね。19歳の羽生さんには無理でも、いまの26歳の羽生さんなら、きっとあの場で真央さんを守れていたんじゃないかなと思います。

19歳の頃の羽生さんて、自分のことでいっぱいいっぱいだった感じがあったんですよね…(上手く言えないけど十代後半はそんな感じ…)。なので贈呈式の時の羽生さんも、必死さ故に結果的に駄目な方向に行っちゃってるという感じがあって、見ていて非常に辛い…。でも人間だから間違いや、悪いところがあっても仕方がないのです。

だから、あの場での、あの行動への批判を、今後の活動に生かして欲しい……というか羽生さんなら生かせるだろうと、私は思っています。

 

私は「推しを全肯定する事だけが、ファンのする事じゃない」と思っています。批判されるべきところは批判されるべきだし、今回の件は残念ながら無批判で擁護するのは無理があると思っています。だから「羽生さんは1ミリも悪くないよね!」みたいな事を言ってる人の気持ちが全く理解できません。自分の友人や家族が真央さんと似たようなシチュエーションに置かれても、同じ事を言えますか?言えないよね。

だからといって、当時の当事者の立場を無視して「羽生も加害者!」と責めまくるのは違うんじゃない?って思うんですけどね。いやいやいや、当時まだ19歳やぞ?まわりに大人も居るじゃん。きみ、ああいう場で19のときに機転きかせた行動できる?とも思うんです。

 

こんなこと書いておいて自分が羽生ファンだと言っても嘘だと思われるだろうし、沢山ブロックされて通報もされるだろうし、なんなら個人情報も特定されていよいよ私の人生も終わりだなーと思いながら書いてますが、羽生さんのスケートの美しさ、何かを表現しようとする姿、被災地との向き合い方、競技の発展に貢献しようとする姿勢、後輩への思いやり、などなど、全て好きなんです。本当です。

 

個人的に今回の騒動で一番キッツイのが「真央さんのほうから羽生さんに回したのに」とか「真央さんが年上なんだから」というような事を言っちゃってる人ですね…。いや、それ、真央さんへの二次加害でしょ。

まともな人だと思ってた方々がセカンドハラスメント的なことを交えつつ次々とバグっていくのを見るのは、なかなかしんどいものがありますが、一人の人間であることを自覚して、どうか二次加害だけはしないでください。

 

コメント欄は絶対に荒らされるだろうし、どうせ中傷交えてデマを撒いてる人と同列の存在として扱われ、無神経な人に過去の自分自身のトラウマを抉られると思うので、コメント欄は閉じました。

せこいとか言われるでしょうし、もはや自分のスタンスを理解される事をあきらめていますが、何か言いたいことがある人はTwitterhttps://twitter.com/hwtr_2)にDMお願いします。(DM全受信になっているので)

今回の意見が気に入らない方は、とっとと私のことをブロックしてください。さようなら。いままでどうもありがとうございました。勝手に自己投影して苦しんでてすみません。

 

私にいじめのターゲットが移るまでお互いの家に泊まるほどの仲だったにもかかわらず、いきなり無視しだしたCちゃん。Cちゃんは本当に何にも悪いことをしてなかったんでしょうか。勝手に傷ついた私が悪いんでしょうか。

数年後にCちゃんが何の謝罪もなく、友人面して私の家にいきなりやってきたときは、本当にびっくりしました。あー何も悪いと思ってなかったんだなーこの人は…と思いました。私はこれからも、昔の思い出に苦しめられながら生きていこうと思います。

東京五輪に対する感情についての勝手な妄想

暇な方は、一つ前の記事とセットで併せて読んで下さい。
私は元々東京五輪に反対で、そのことについて度々Twitterやらブログやらで書いてきました。
https://kurage27.hatenablog.com/entry/2016/09/09/224239
そして、ずーーっと、アホかっつーくらいに、羽生さんが東京五輪関連のあれこれにブッコ抜かれるのではないか?と内心ものすごく冷や冷やしておりました。
(今でもしてるけど、本人が出るなら仕方ないと思ってる。それなりのお考えで出るでしょうし…)
しかし、コロナのせいでその可能性がほぼほぼ無くなった。いくら電通イカレてるとしても、現役の呼吸器疾患持ちアスリートを出そうとはしないだろう…たぶん。
(こんな状況下で出そうものなら、さすがに国際的に燃やされるぞ、JOC)

さて、タイトルの件なんですが。
これは「勝手に羽生結弦さんの立場に立って東京五輪に対する心情について妄想してみよう」という意味です。

日本国民の殆どの皆さんは誘致が決まったとき「うっわあああああい✨とおきょおでおりんぴっくだあ~✨」というお気持ちだったでしょう。
決定したのは東日本大震災からたったの2年後、2013年のことでした。
反対してた私は非国民扱いでした。(非国民上等だぜ👍️)
まだまだ復興されていない時のことで、当時はまだ「さすがにあんだけの災害はもうないだろ~し2020年には東北も原発も元どーりなんじゃね?」くらいの雰囲気がありました。
もうこの時点で大間違いなんですが。

さて、ここからが妄想の時間です。
羽生さんもソチや平昌のとき、東京五輪の宣伝用のウチワを持ったりしてましたよね。
果たして羽生結弦さんはこの時、大半の日本国民のような「うっわあああああい✨とーきょーおりんぴっくー✨」というキラキラした気持ちだけで、PRのお手伝いをしてたんでしょうか?

おそらくこれを読んだ大半の方は「なんの後ろめたさもなくPRしてたに決まってんじゃんwバカかよwほんとくらげはクソバカだなw氏ねやw」と思った事でしょう。
うん、まあ、そうかもね。

でもね、五輪誘致だなんだと言ってる時点で、東北の被災地はぜんぜん復興してなかったですよね。
2016年には熊本で震災があり、機材や資材が被災地から取られているという話もありましたよね。
そういう中で東京五輪のグッズを持たされてPRを手伝う羽生さん。
各地で災害が起きれば物資を送ったりチャリティーをしてきた羽生さん。
どういう心境だったんでしょう。

全日本の会見を読んでもなお「なんの後ろめたさもなくPRしてたに決まってんじゃんwバカかよw」って思えます?
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/12/27/kiji/20201227s00079000278000c.html
私にはぜんぜん、そうは思えないんだよなー。

東北の後には熊本、それだけでなく台風や水害も沢山あった。
更にその間原発もどうにもなってないわけで、ある意味「復興してますよ」という嘘をつき続けなければいけない。
「復興五輪」という名目だったわけですからね、当初は。

それって、こんだけ繊細な感性の羽生さんにはしんどいのでは?とずっと思ってまして。
だから「東京オリンピック羽生結弦を出して欲しい!」「聖火リレーに出て欲しい!」なんて意見は、もはや本人の感情を無視したある種の加害なのでは?と前々からTwitterとかで言ってたんですけどもね。

考え過ぎですかね?
個人的には本人の発言を曲解してジャッジ陰謀論に結びつける人たちより、よほどマシな妄想なんじゃないかと思うけど。

ま、考え過ぎかもしれないけどね。
内村さんに対する擁護の嵐だったんで、そうじゃないと思いたい人が大半だろうしね。
そうじゃないということにしておきましょうか。

好きな事を続けられる=恵まれているという事/アスリートの特権性

「被災地に勇気を与えられたんじゃないかと思います!」みたいなことを無根拠に発言するアスリートが昔から嫌いだった。
千葉に台風が来ていたとき、NHKラジオのニュースでラグビー日本代表が「被災地に元気を与えられたと思います!」と言っていた。
私はそんなことより災害の情報が欲しかった。
我が家は漆喰に穴が空いて廊下が水浸しになり、隣の家は下水が流れなくなり、朝までずっとボコボコという音と異臭がし、反対側の家は屋根に穴が空いていた。
基地局も停電したせいで電波もうまく入らず、LINEが数時間遅れで入ってきた。
そんな中、ラジオからそういう事を言われたので「なにを根拠にそう思ってるの?試合なんて、ここらで見てる奴なんていねえよ?」と思った。
本当にスポーツどころじゃなかった。
道の状況を把握していない人が水中に突っ込んでしまったので、その様子を見に行ったりもしたし、どんどん水嵩が増して家から出れなくなって、長靴を履いて停電したままの近所の店へ買い物に行った。水が少し引いてから、親戚の家に泊めてもらった。
親戚・友人関係で誰も死ななかったのだけが救いだったけど、2021年になっても未だブルーシートがかかっている家があるし、避難したまま家に帰れない人もいる。

スポーツは実際のところ、困窮した人に対して何の助けにもならない。誰がどんな綺麗ごとを並べようが、高尚な言葉で呪文を唱えようが、揺るぎようのない事実だ。
それを自覚しているか、自覚していないかで大きな差が生まれる。

私はこういう性格なので、今回の内村氏の発言もかなり引っかかった。
どちらかというとTwitterで話題になっているのは「五輪が無くなったら死ぬかも」という発言のほうだが、個人的には「できないじゃなくて、どうやったらできるかを皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしい」という発言のほうに引いてしまった。
https://www.news24.jp/articles/2021/01/23/09808737.html

気のせいかも知れないけど一部のアスリートにはこういう高慢な部分があると思う。
自分のパフォーマンスでどんな困窮状態の人でも励ませると思っている、自分の試合や競技はどんな事よりも尊いのだと思っている人たちが、少なからず居ると思っている。
今回の発言で、内村さんもこのタイプなんじゃないかと思ってしまった。

同じ東京五輪組でも、陸上の新谷さんや奥原さんがものすごく客観的にものを見れていたので差が酷かった。
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021012000289&g=spo
https://mainichi.jp/articles/20210116/k00/00m/050/025000c.amp?__twitter_impression=true

羽生ファンも内村さんに恩を感じているらしく、叩かれているというだけで脊椎反射で擁護している人が結構な割合で居るようだ。
(ファンですら勘違いしてそうで不安になったんですけど、中国杯ってそもそもドクターの診断で出場を判断したので強行出場じゃないんですが、わかっているのかな…)
推しが全日本の会見で言った事とは真逆の言動を擁護しているんだが、その辺は最早どうでもいいのだろうか。

擁護してる人たちが言うには「オリンピックに命を懸けてきたんだから出たいのは当たり前」なんだそうだ。
この理屈、心情的にはわかるけど冷静に考えるとものすごく奇妙だと思う。
何故アスリート"だけ"が「命がけ」とか「夢を叶える」やらの権利を守られなければならないんだろう?
アーティストや俳優たちも「命がけなんです!」って言えば公演をやらせてもらえた?
各種イベントも「出来ないなら死ぬかも」って言えば出来たの?
海外から人を呼んで行うイベントと、国内の人だけで人数制限して行うイベント、どっちが安全だと思います?
無観客にしても選手関係者だけで相当な人数が海外から入国してきますよ?
そもそも貴方達の言う「命がけ」って医療従事者や介護の仕事してる人の「命がけ」と同等ですか?
オリンピックって親の死に目に会えないことよりも大切なの?

この問いかけに「そうだよ」と言う人もいるかも知れない。
空中ブランコ乗りのキキ」のような生き方そのものは否定しない(羽生さんも割とそういうところがあると思っている)。
読み違えまくっている人ばかりだが、羽生さんの場合、あくまでもそのベクトルは内へ内へと向かっているのだ(=負けは死)。

しかし、内村さんや内村さんを擁護する人たちは違う。
内村さんの発言は「みなさんで考えて」です。
何故、外側まで巻き込む?何故、その対策を組織や政府でなく一般市民に要求するの?
まるで一般市民に支持されていない事へのあてつけのように。
あなた何様のつもりなんですか?…って、本当に申し訳ないけど、心の底からそう思いました。

オリンピックに反対してる人は「申し訳ないけど、うちらの命と比べたら貴方達の"一生に一度の舞台"とかマジでどうでもいい」って人が殆どでしょう。
なぜこれに気付けないんだろう。
スポーツの試合とか、緊急時の世の中で何の役にも立たないんですよ。
あってもなくても変わらない。
経済効果なんて言われても、他のものでいくらでも代わりが効く。
「スポーツでなきゃ埋められない穴」みたいなものって、競技関係者やファン以外には存在しない。
私にとってはフィギュアスケートってとても大切だけど、他の人からしたらどうでもいいんだよ。
どうでもいいから蔑ろにしたらいいってわけじゃないけど、今はそういう時期じゃないよね。
大衆にリスクを負わせてまで"どうでもいいこと"をさせる権利が、何故貴方達にあると思えるんですか?

リスクを負わせようとする人たちと比べて、羽生さんや新谷さんたちの現実認識能力は内村氏よりも遥かに高いと言わざるをえない。
トップアスリートであるという自分達の特権性を、よく理解している。
非常時でも「特別扱い」され、好きなことを続けられるということがいかに「特別」かということを。
沢山の人の支えがある状態、お金に困らない状態、栄養管理できている状態、パフォーマンスを維持できている状態、メンタルが安定している状態、その中で競技を続けられるという事の特別さを。
この大切さがわかっているからこそ「罪悪感」という言葉を口にしたんでしょう、羽生さんは。

何の支えもなく職を失い、自殺を選んだ人もいる。過労死レベルで働き詰める医療従事者もいる。サービスが続けられなくなる介護事業もある。
そういう中で自分達は好きなことをやっている。しかも直接何か手助けできるでもない。
ありがちな「励ますためにやりました」なんて言葉が、何の励ましにもならないことも知っている。
そういうことを解ってる人の言葉なんですよ。羽生さんとか新谷さんたちの言葉はね。
綺麗事とか格好つけとか、そんなものだけで生きれないって事に気付いている人の言葉。

そもそも「好きなことを非常時でも続けられている」という事の尊さについて、ここ十数年で起きた震災や災害の時に気付いておくべきだったんですよ。
そして今回、震災より多くの人を巻き込む感染症が発生しているにも関わらず、この何よりも大切なことに気づけないなんて、人としてどうかしていると思う。
心や感性が死んでるどころじゃなく魂が死んでるんじゃないだろうか。
「競技者だから」とか「○○ファンだから」ではなく、人として今の世の中をどう生きるべきかを考えて欲しい。

'20全日本羽生結弦感想メモ

2020年内に出しておきたかった全日本の感想書き散らしです。

 

●僕の演技が終わってから1秒だけでもいいんで…

世の中、鈍感な方が生きやすい。当たり前だけど、気にしいの人の方が病む。そして羽生結弦さんに関しては完全に後者だ。

いきなり自分の話になっちゃいますけど、去年の台風被害ですごくムカついた事があるんですね。
台風のとき、ある競技がやってたんですけど、その競技の選手が「被災地を励ませたんじゃないかと思います」的なことを言ってたわけです。
「なんの了見で言ってるわけ?うちは見てねえけど?壁が剥がれて廊下びしょ濡れでそれどころじゃねえんだけど?」って思いましたね。
だって実際、テレビのむこうの、競技場にいる選手が今まさに困窮してる人に対して何かしてくれます?してくれないですよね?
壁の漆喰直したり、ずれた瓦を直したり、電気の配線を直したりしてくれます?無理ですよね。荒れた畑を元に戻せます?無理ですよね。

しかし羽生結弦さんは、自分の無力さに自覚的だからこそ「僕の演技が終わってから1秒だけでもいいんで」と言うのだ。
ライブで会見を見ていて「そこまで言わなくていいのに!」と思って泣いてしまった。
だってここまで言ってしまえるのは本物だもの。こんな風に言えるのは、傲慢な「励ませたと思いま~す」や「励ます為にやりました~」とは違う、本当の本物の真の思いやりですよ。

スポーツとか芸術って、余裕のあるときにしか受け止められない。でもそういうことを、羽生さんはわかってるんだと思います。
千羽鶴や、千羽鶴のようなものを送ったところで、何にもならんのだということを、よくわかっている。お手紙を書くだけでは貧しい子供の腹が膨れないという事も。(だからこそオリンピックについて厳しいコメントをしたのではないかなと)

震災の時もそうだったけど、きっと本当はもっと直接的な手助けをしたいのではないかと思う。
でも喘息もあるし、自分が行ったところで騒ぎになってしまうかもしれない。そういうジレンマを常に抱えて生きているんだろうなと改めて思わされました。
もっと無神経な性格だったら生きやすかったろうにね。

でもそんな繊細さを持っているからこそ人を励ませるんですよ!と言いたい。
あなたのメッセージは私みたいなひねくれ者の心も動かしてます。卑下する必要はないんです!本当に!


●「犠牲」について

一部で物議を醸した「犠牲」というワードについて。これ、個人的には宮沢賢治的な何かを感じたんですよね。
「自分だけ幸せでいいのか」という。すごいマイナスに捉えてる人が居たけど、自己中心的な意味ではない。
自分が勝つことによって敗者が生まれる、でも皆で幸せになりたい、しかし勝負事なのでそうはいかない、というような。
私が真っ先にイメージしたのは「銀河鉄道の夜」に出てくる蠍でした。
(ますむら版がKindleでめちゃ安く買えたので持っているにも関わらず購入しました。読んだこと無い人は是非)
あと個人的に羽生さんは自罰的なところがある人だと思っていて、一人でいるとどんどん内に内に潜っていっちゃうタイプだと思うんですよね。

天と地と」のプログラム自体も死の香りがするプログラムで、上杉謙信公がモチーフなので仏教(真言宗)の要素が含まれていると思う。
般若心経では「空(くう)」という概念があるんですが、この概念は空の色に例えられたりもするので、あの衣装のデザインは「空」をイメージしているのかなと思ったり。沙羅双樹+空かな?と。
戦いの中で死んでいった兵士の骸を抱き嘆く羽生結弦(=上杉謙信)が見えるような気がしましたよ。

まあしかし、あのものすごい「天と地と」の後、会見で衆生の苦しみを味わっているかのようなご本人からのコメントがあって、それでもなお延々とジャッジや連盟にキレてる人って、ものすごく業が深いよね。
ああいう人たちって「羽生結弦さんの持っている苦しみをファンの我々で軽くしてさしあげよう!」とか思ってんのかな?無理だよ。
うちらファンごときじゃ救えないですし、助けられないよ。「ゆづるは連盟やISUにいぢめられてつらい想いをしてる」と思い込みたい人もいるかもしれないけど、もうそういう浅いところにいないんだよね。そういう問題ではないと思う。
むしろこういう人達が、落書きしたり誹謗中傷をしたりして無駄な犠牲を増やし、ご本人を苦しめている。
上杉謙信と同じような、生きる上での、戦う上での苦しみを味わっているんじゃないかな。本当に出家しちゃうんじゃないの?と思っちゃいましたね。世界の平和を祈るために。


●神様が見ていてくれている

これは私の個人的な考えで、滅茶苦茶気持ち悪がられると思うんですけど、羽生結弦さんの身に起きることは全て神仏の思し召しだと思うことにしてるんです。結構前からそう思ってるんですけど、ある種の運命論者なので。
羽生さん自身はどういう風に思ってるのかは知らないけど、Mrサンデーのミタパンさんのインタビューの中で「神様が見ていてくれているんだなって思いました」と言っていて、あ、やっぱり羽生さんはちゃんと神様を信じてるんだなあと思ったんです。

で、何かを「信じる」ということはどういうことなのかって事なんですけど。
「結果」があるから信じるっていうのは、本当に信じている事にはならないんですよ。それは「結果を信じている」というだけです。
そんで、羽生さんの行った神社に行く多くの羽生ファンも「結果を出してくれる神様を信じている」だけで「神様そのものを信じている」わけじゃないと思う。
でも羽生さんの場合はちゃんと「神様を信じている」んですよね。信じてる度合いが違うんです。たぶん。
だからいつも神様が手を貸してくれるんじゃないかなあと。そう思うんですよね。

GPFのときバルセロナに行って、サグラダファミリアに行ったときに「うわ、まじで神様いるわ」って思ったんですね。あるいは、そう思わされたというか。こんなの作れるのすごくね?神いるんじゃね?っていう。
ガウディがサグラダファミリアで表現したものを、羽生結弦は氷の上で表現するんじゃないかなあと、そう思った全日本の「天と地と」でした。


セクシュアリティジェンダー

最後に今のところあまり指摘されていなさそうな「Let Me Entertain You」と「天と地と」の共通点について。
これ二つともセクシュアリティジェンダーに関係があるプログラムですよね。

天と地と」は毘沙門天を信仰し、死ぬまで女性との関係を持たず、女性物のような着物を着ているなど女性説もある上杉謙信がモデル。
現代的な感覚から見ると「子孫を残さなかったから女である」というような考えは「古い」としか言いようがなく、「異性愛者じゃなかったか、無性愛者などだった」もしくは「本気で仏教を信仰してた」というところじゃないかなあと思うんですけどね。
異性装のような格好をしていたというのも、今風に言うなら「ジェンダーロールに囚われず着たいものを着てた男性」という感じではないでしょうか。
(これはまさに羽生さんのことじゃん!て思います)

「Let Me Entertain You」はもろにゲイです。
検索して英語版Wikiなどを見れば「男性が男性を誘ってる歌」というのがわかるかと。
(ロビー・ウィリアムズさん本人はゲイではありませんが、羽生さんのセクシュアリティを掘り下げるのはアウティングやハラスメントになりかねないのでやめましょう)
完全にゲイの歌なので、検索してみたら海外ファンの人がザワついてました。もし今後オリンピックでも使うのであれば結構チャレンジングな選曲なんじゃないかなと思います。

正反対な表現にも意外な共通項があったなあ~と思いました。SPでの煩悩wをFSで浄化してくれそうな感じでいい組み合わせですよね。

 


それでは、Amazonから届いた復刊版「風船ブランコ乗りのキキ」を読みながらぼんやりと年を越そうと思います。
SPとMOIだけでしたが、感染対策で4日間滞在してました。夢のような長野での日々でした。
羽生結弦さんと次に会えるのはいつになるのかな。MOIの周回で2回ともバナーを見ていただけた気がしてちょっとびっくりしたし、じっくり回ってくれててありがたかった。

次に会うときまで、元気でいて欲しいです。皆さんもどうぞご健康で。

悪質集団による女性差別のメモ

羽生ファンである以前に、女性として許せないと思ったので書きます。
f:id:kurage27:20200830103926j:image

https://twitter.com/takashikiso/status/1299280093848641537

 

この男性。最初は「羽生ファンが事情の分からない人に噛みついてもなあ」くらいのノリで見てました。

しかしそのやり取りの中で、非常に気になるツイートがありました。

f:id:kurage27:20200830101809j:image

いつもの調子で「許せないわ、キー」いうても、「あのう迷惑なんで、メス臭いフェロモンを振り撒かんで貰えます?」ですから。

https://twitter.com/takashikiso/status/1299480943292420096

だ、そうです。

メス臭いフェロモン、だそうです。女性から批判されたから、この言葉を持ち出してるんですよね。

非常に女性に対して差別的な感情をお持ちの方なんだなと思ったので、私はこの方のツイートを「伊藤詩織」さんで検索してみました。

人をリトマス試験紙扱いするのもどうかと思うんですが、詩織さんに対する態度で人となりが分かると思ってるんです。

f:id:kurage27:20200830103105j:image

https://twitter.com/takashikiso/status/1042021760428781568

f:id:kurage27:20200830102910j:image

https://twitter.com/takashikiso/status/1110822464899026945

すごいですね。純度100%の堂々たるセカンドレイプをしちゃってます。
これを見て、有罪判決が出た後に謝罪をしてるならいいと思った人もいると思うんですけど(発言撤回しないとダメだが)、さて、しているでしょうか?
f:id:kurage27:20200830102737j:image

https://twitter.com/search?q=from%3Atakashikiso%20%E4%BC%8A%E8%97%A4&s=09

してませんでした。

こういう人なんですね~。

f:id:kurage27:20200830103401j:image

https://twitter.com/takashikiso/status/1146194356715454464

f:id:kurage27:20200830113232j:image

https://twitter.com/takashikiso/status/1147439810174316551

こんな方ですので、もちろん性行為の合意についても理解できません。「100回セックスすれば100回とも合意の取り方が違う」というのがわからないそうです。

女性の身体にはリスクがあるという事が理解できない上に、女性とのコミュニケーションが取れない人なんですね。

「合意がとれてるか解らないから性行為をしない」という選択肢がない、女性の事をオモチャかハニトラ要因としか思えない方のようです。

こういう人って風俗嬢にも無茶を言って乱暴しそうなので、一生オ○ホだけ使ってて欲しいですね。

「詩織さんはレイプされてない」と思ってる方なので当たり前っちゃあ当たり前なんですが、ここまでクソだと心置きなくクソ扱いできるんで安心します。

 

で、羽生アンチのみなさんは、批判されて「メス臭いフェロモンを振り撒かんで貰えます?」とか言っちゃうド直球の女性差別をしてる人の意見を肯定しているんですが・・・

すこし気になったので、アンチ界で有名なとらももさんに突っ込みを入れてみました。

とらももさんからの返信はこれです。


f:id:kurage27:20200830180433j:image

https://twitter.com/toramomo_tweet/status/1299857821480054785

だ、そうです。

一時期、元オウムの上祐がTwitterで面白い人扱いされて、チヤホヤされていた事がありました。

しかしそれは、オウムの犯罪に巻き込まれた人やその遺族からすると、犯罪者を肯定しているようにしか見えないんですよね。

(そういった被害者の方とのやり取りがあってからは上祐のツイートがバズらなくなった気がします)

なので、犯罪者の意見を肯定すること=暴力でしかありません。

女性差別をする人の意見や、セカンドレイプをする人の意見を肯定することは、女性差別を肯定し、セカンドレイプを肯定することになります。

 

伊藤詩織さんに関するツイートは検索しないと分かりませんが「メス臭いフェロモンを振り撒かんで貰えます?」に関しては、流れを見ていれば視界に入っているはずです。

ド直球の女性蔑視を見ても何とも思わない方々が木曽さんのツイートをRTしている。これはもう羽生アンチ=女性差別を肯定している集団ということでしょう。

 

羽生アンチ側からは今のところこの発言を誰も否定していませんので、前世紀のように「女からの批判はヒステリー」として扱うのが正しいということでしょう。

家族や友人が性犯罪に巻き込まれても、どんなに証拠や証言があったとしても被害を信じないという事でしょう。

酷すぎて書いてて悲しくなってきた。

少しでもまともな方で、純粋に羽生ファンを批判したいのであれば「メス臭いフェロモンを振り撒かんで貰えます?」絶対に批判しなくてはいけないと思いますが。

女性差別を放置したままでは、どんな批判をしようが意味がないと思いますよ。

 

おそらくこの男性は「ネットによくいるミソジニスト」なので、羽生ファン(自分に敵対する女性)を何としてでも貶めようとするでしょう。

女性差別的なツイートは海外の人が見たらもっと炎上すると思うんですけど、日本だと女性差別が当たり前すぎて大して燃えないんですよね。

こういうツイートがどんどん燃やされて、セカンドレイプがガンガン批判される世の中になって欲しいなと思います。

羽生選手への採点にジェンダーバイアスはあるのか?

先月末頃こちらのブログ記事を紹介しているツイートがRTで回ってきまして、そのツイートのリプ欄で「羽生選手の採点にもジェンダーバイアスがあるに違いない」的な事を言う人がいました。

ガバガバすぎるジェンダー論で決めつけるような事を言ってる人も居るので、先に言わせてもらいますと、ジェンダーバイアスによって羽生選手が減点されているという可能性は、おそらくかなり低いです。

 

ついでに、紹介されている論文をもってして、ジェンダーバイアスがあるから羽生結弦は評価されていないのだ!みたいなことを言うのもやめましょう。文章が読めてないのがバレます。

(読めばわかりますけど、論文には羽生選手がジェンダーバイアスによって過小評価されている、というようなことは一切書かれていません)

 

「北米はジェンダーバイアスすごい!日本やアジアはないけど!」

みたいな雑すぎる事を言うのもやめた方がいいです。ジェンダー関係の勉強をしている人に見られたら確実にバカにされます。(リンク先の論文にもそんな事は一言も書かれてません)

 

すごいわかりやすいのが「ジェンダーギャップ指数」です。

http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2019/202003/202003_07.html

なんやねんこのランキングと思ったら、自分でググってください。

 

それから、ゲイっぽいから嫌われているというならば・・・

 

カナダは2005年から同性婚できます。

https://lifevancouver.jp/2015/07/summary/62687.html

 

カナダは自身の性自認で公式な身分証明書を作れますし、身体用件なく自己の意志のみで性別を変えれます。

https://www.afpbb.com/articles/-/3140434?cx_amp=all&act=all

 

アメリカも同性婚できますね。

https://www.huffingtonpost.jp/2015/06/26/supreme-court-gay-marriage_n_7676054.html

 

ちなみにロシアはゲイ差別がめちゃくちゃ酷いです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%90%8C%E6%80%A7%E6%84%9B%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%B3%95

 

で・・・

 

ゲイ差別がめちゃくちゃ酷いロシアでゲイのスケーター(アメリカ人)がデザインした「どう見てもロミオじゃなくてジュリエット!!!」という感じの衣装で金メダル取った人がいましたけど、誰でしたっけ・・・?

記憶喪失なのかな・・・?

ヘルシンキでの男性的とは言えない美しい衣装での美しい演技も忘れてるのかな・・・?

自分に都合の悪いことを無かったことにするのはやめましょう。

 

もちろん、マッチョさはあるでしょう。男性らしさを重視する人たちもいるでしょう。

この手の話をすると日本は外国と違って差別とか無いから(笑)と言う人が居ますがあなたたちが関心無いだけで、差別はあります。

同性婚を巡るあれこれが社会問題になったり、男女の賃金差が議論にならないからこそ、差別が見えなくなり、温存されたままになっているんです。

女が軽く見られているからこそ「女々しい」という言葉があり「女性的なもの」が馬鹿にされる。

女性が尊重されない社会では、女性的な男性も尊重されないんです。

(で、女性が尊重されてないからジェンダーギャップのランキングがどんどん下がっていく国があるんですけどね。日本ていう国なんですけど。)

 

採点批判のためにジェンダーを持ち出すなら、もっと頭とデータを使った方がいいし、本も読むべきでしょうね・・・

あとジェンダーのことを言う割には女子選手の構造的問題には気がつかないんだ!?みたいな気持ちにもなりました。

ガバガバすぎてイライラしてたので書きましたが、私も専門家じゃないし勉強してるわけでもないので詳しくないです。インターネッツで拾い読みしてるだけなので・・・

 

ジェンダー的な側面からあれこれするなら、J.K.ローリングがあの発言をした背景くらいは知ってないとダメなんじゃないですかね…(なぜこの発言に至ったのかについての日本語での情報、殆ど無いけどな!)

 

たぶん元の論文を書いた人も、自分の論文がこんなに雑に使われてるとは思ってないでしょうね。だって真面目に書かれてるもん。

(しかしジェンダー論として少々古くさくなってるな~と感じる程度には、世の中進歩してるんですよね…5年前の論文だし…)

 

長くなりましたが、適当にそれっぽい理屈で雑に語ると、専門家から知識で殴られたとき酷い目に遭いますよという、超単純なお話でした。

モントリオールワールドを観戦する皆さんへ

今シーズン、トリノでのグランプリファイナルにてジャッジに抗議するバナーを表彰式に掲げるという事件がありました。
(当時の様子はこちらにまとめてあります)

先日、ソウルでの四大陸選手権でも同様の行動を取った方が複数名いたそうです。
この人たちは羽生さんの演技の後すぐに作成、ボーヤンとジェイソンの演技後に「Shame On Unfair Judgement」というバナーを仲間と一緒に掲げ、羽生さんの優勝が決定すると掲げるのをやめたそうです。

f:id:kurage27:20200215001149j:image
(※嫌がらせ防止のため元URLの掲載は控えました。画像転載の許可は取っています)
この人たちは、おそらくモントリオールでも同様の行動を取ると思われます。

 

トリノの時の記事にもあるとおり、こうした行動を取る方には言語的な意味以前の問題で、話が通じませんし、聞こうともしません。真摯に説得しようとしても説得する側が傷つけられてしまいます。
羽生ファン同士であったとしても敵認定し、ライバル選手のファンと決めつけ攻撃してきます。

ですので、もしバナーを出す人を見かけてしまったら、観客同士で注意してトラブルになる前に会場運営に報告し、バナーを下げさせてもらって下さい。

英語が話せない場合は、相手の席番とGoogle翻訳の画面を見せるだけでも対応してくれる可能性があります。

(私は割とGoogle翻訳で海外遠征を乗り切ってるところがあります😅)


https://montreal2020.com/event-info/contact/
私は会場には行けないので、先月、トリノでの落書きや、ストーカー紛いのボランティアが侵入したことについて、警備を強化して欲しいとGoogle翻訳+αな英文でメールしました。
担当に伝えるという返信があったので、英語が苦手な人でも送ればそれなりの効果があると思います。

あらかじめ抗議バナーを禁止できるのが一番良いのですが、一人一人のバナーを確認するのは難しいですし、現地でバナーを作られたら対処のしようがないので、発見→通報→運営対応(排除)という流れを作るしかないと思います。

 

なぜ私がこんなにこの件を頻繁に呼びかけているのかというと、今回が羽生結弦さんにとって最後の世界選手権になるかもしれないと思っているからです。
というよりも最近はいつも「最後の試合かもしれない」という気持ちで応援しています。
少なくとも、競技スケーターとしては晩節であることは間違いないでしょう。

それから、フェアジャッジバナーをハラスメントとして考えた場合、無視するのも加害になると思ったからです。
最近私はお前なんかファンじゃないと言われ続けていますが、自分が何もしなかったら死後裁きに遭って"ウルトラスーパーミラク尊い存在である羽生結弦を傷つけた暴走ファンを批判しなかった罪"で地獄に落とされると思ってます。
それくらい羽生結弦さんのことは尊い存在だと思ってるんです。彼の物語の後半を、なるべく綺麗なもので飾りたいんです。

 

ファン同士で揉めてる場合じゃないとか、今はそんな低次元の事を言ってる場合じゃないです。
アンチをなんとかしろよと言われたりもしますが、現状としては、ブロックしたり報告して凍結できるネットと、ブロックも凍結も出来ない現実社会、前者と後者を比べて後者のほうを軽く見るのは完全におかしいと思っています。

なぜなら私たちはネット上の党派性だけで生きているわけではなく、あくまでも社会の一員だからです。

 

観客席から出したところで他のバナーと紛れて選手からは見えてないだろうと言っていた人もいました。

しかしCS放送を見た限りでは、あれは選手側から確実に見えています。位置的にも見えますし、わざと見えるように出しているからです。

バナーに肯定的な人の中では「羽生結弦はライバル選手を攻撃する自分のファンを見て喜ぶ人」ということになっているのかもしれませんが、私はそうは思いません。

ジャッジ批判だと勝手に解釈されている発言についても、もし本当にジャッジ批判をしたいのであれば自分のファンの出したバナーについて肯定的に言及するのではないでしょうか。

(本当にジャッジ批判に肯定的なのであれば、バナーに勇気付けられましたとか、そういうことを言うんじゃないかと思う)

私はジャッジ批判のバナーを羽生さんが目にしたら確実に傷つくと思っています。

過去に自分がされてきたことを繰り返していると気付いたら、ひどく落胆するのではないかと思うからです。勝手に代弁するなと言われても、私はこれを主張し続けます。

 

今なにを優先すべきなのかを、見誤らないで下さい。
脳内にあるだけの陰謀と、実際に現実世界で起きている落書きや批判バナー、選手にとって本当に危険なのはどちらなのか、よく考えてみて下さい。

ネットでの騒ぎは収めるのが難しくても、どうかせめて会場では静かに羽生結弦さんの旅の行く先を見守りませんか。
今の彼のモチベーションである4Aの成功を祈りませんか。

彼がリスペクトしている、大切に思っているスケーターの仲間や関係者を傷つけるような行動は止めませんか。

自分達の行動が羽生さんを傷つけている可能性を少しでも考えてみませんか。

 

そして、もし道を踏み外している人を会場で見かけたら、なるべく穏便に対処して下さい。
話し合おうとしても消耗するだけです。係員に報告したりして、自分では手を出さないようにして下さい。
現地に行けない人は、もし抗議バナーを出す人が居たら対処して貰えるよう、運営にメールしてみませんか。
自分には何も出来ないと諦める前に、一人一人やれる事をやっていきませんか。

https://montreal2020.com/event-info/contact/

私も再度下手な英語でメールを出してみるので、みなさんも可能であればどうかご協力お願いいたします。